投資で損しないためには

投資を始める際に最も不安に思われるのは損をしないかということではないでしょうか。100%損をしないという投資先はありませんが、損をする可能性を低くすることはできます。
それは、投資先を分散するということです。投資に回す金額というのは決まっていると思います。例えば五十万円を投資に回そうと考えている場合、一つの投資先に全額をつぎ込むのではなく、分散投資を行うことが大切です。
投資する金額が高ければ高いほど、リターンは多くなりますので、この投資にかけるというような思いで全額をつぎ込んでしまうと、その投資先の資産運用が失敗したら確実に損を出してしまいます。
しかし、五十万円を五社の投資先ヘ分散投資することで、一社の投資が失敗に終わったとしても、他の投資先で儲けが出たら投資は成功します。また、三社が失敗に終わったとしても、2社で利益をだしていますので、損失が軽減することができたり、場合によっては大きなリターンを期待することができます。
一つの投資先に固執をしてしまうと、失敗したときの代償は大きいですので、必ず複数の投資先を決めて、分散投資を行うようにすることが大きなポイントになりますので、そのことを念頭において投資に取り組んでください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*