マネーバンク極を利用した将来を見越した投資について

誰もが聞いたことがあるのが、日本の少子高齢化が進むにあたって、日本の年金行政が厳しくなり自分自身で老後の資金を運用する必要があると言うフレーズです。
これまでは国民年金の運用は独立行政法人が責任を持って、かなり高い利率を保持しながら運用できていたのですがそれが難しくなり、年金の総額支給が減るどころか、年金を満額で支給できる年齢も引き上げられる一方です。
このままいくと70歳や75歳になるまで年金が満額支給される事はなくなる時代も見えてくるかもしれません。
そこで必然的に注目されているのが、確定拠出型年金です。
要するに自分自身で運用することにあります。
毎月一定額の教室を行い自分で運用商品を選んで運用行い60歳以降に年金もしくは一時金として受け取る制度になります。
受取額は運用実績によって変更していきます。
確定拠出型年金を利用することによって掛け金の全額所得控除や運用益の非課税、受取金の公的年金等控除など様々な税制優遇があります。
同じく、企業年金も大企業においては運用益が非常に華々しかった頃と比べ運用が難しくなっていることもあり、最近では過去に積み立てた企業年金を過去に広げて個人に返還し、それを自分自身で運用してくださいと言うほどの厳しい状況になっています。
そこでやはり投資が重要になってきます。
貯蓄だけではとてもでは無いですが老後の資金運用を賄うことができません。
ですから長期的にリスクが高いもの低いものを組み合わせながら自分自身のマネープランを組んでいくことが重要なのです。
もちろん全てにおいてリスクが伴う事は間違いありません。
そんな中でもリスクの少ないものと多いものを具体的に勉強しながらバランスよく、老後資金を積み立てていくことが重要になってくるのです。
資金力のある方々にとって人気なのが株式会社Rafio(鹿久保光宏)のマネーバンク極ではないでしょうか。
一定以上の金額をプロの投資家に任せて利益を得るものになります。
そして一定金額に満たないまでも長期的にリスクが少なく銀行よりも利益を得ることができるのが個人向けの国債や個人向けの社債になってくると思います。
もちろん途中解約ができず、必要な時に必要な資金を準備することができるかどうかを調べる必要もありますが、銀行の貯蓄よりは間違いなく利率が良いのは株式会社Rafio(鹿久保光宏)のマネーバンク極の大きなメリットです。
このように老後を考えたら長期的なマネープランは非常にこれからの時代重要であり、個人に委ねられている以上株式会社Rafio(鹿久保光宏)のマネーバンク極を早めに準備する必要があると考えられます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*