投資というのはハイリクスだというようなイメージをもたれているかもしれませんが、実は投資の種類によってはリスクを最小限に抑えることができるものも少なくはありません。
近年ではリスクの低い投資方法で着実に資産運用に成功をしている人が増えています。
ではリスクがひく投資というのはどのようなものがあるのでしょうか。
まずおすすめなのが個人向け社債です。
個人向け社債は一般の企業が発行している社債を個人が購入して企業の資金を応援するというよな仕組みになっています。
購入する金額については10万円程度から始めることが出来ますし、保管期間は長いもので10年などその企業によって異なりますが、保管期間を終えた時点で金利がプラスされて返ってくる仕組みになっています。
銀行などに預金をするよりも高い利息を期待することが出来ますし、保有期間中に売却することも可能であり、企業が倒産しない限りは損失が出ないということもあり、リスクが低い投資であると言えます。
利益は少なくてももっとリスクを減らしたいといった方には個人むけ国債がお薦めです。
こちらは国が発行している国債であるため、社債よりも元本割れの心配も少なく、安全性がとても高く、最低金利保障もついていますので、投資のなかでもかなり安全性が高い投資になっています。リターンの額は少ないですが、銀行預金に比べると高利回りになっていますので、今あるお金を確実に、少しでも増やしたいといった方は国債がおすすめです。
利子は年に二回受け取ることが出来ますので、多く投資するとそれだけ多くの利益を生み出すことになります。
絶対に損をしたくない人は国債から始め、どれくらいの利益を生み出すのかを試してみるのも良いかもしれません。
もう少しまとまったリターンが欲しいという様な方は投資信託も比較的リスクが少ない投資として人気です。
投資信託は投資のプロに資金を預けて株や債権などを組み合わせて運用を行ってもらうことができます。
運用は投資のプロが行ないますので、知識がない人でも安心して始めることが出来る投資としても人気が高く、投資家の許容するリスクやリターンの内容によってプロが投資方法を検討し運用をしてもらえますので、リスクを抑えることが充分に可能です。
投資で利益を生みたいけれど損をするのは嫌だと考えている方は、上記のようなリスクの低い投資方法から始めてみることをお薦めします。
そのなかから、株式会社Rafio(鹿久保光宏)のマネーバンク極の様な自分にあった投資方法を模索するのもいいのではないでしょうか。