現在、日本には多くの海外バイナリーオプション業者が事業を展開しています。ただ、中には危険な業者と思わざるを得ない業者もあります。その一つが、「ザ・バイナリー(THE BINARY)」です。当面、取引は控えた方が無難です。

●ザ・バイナリーのサービス内容
ザ・バイナリーは最短30秒からオプション取引ができます。100円から取引ができ、ペイアウト率は最大2.05倍と、業界でもトップクラスのサービスを誇ります。

●ザ・バイナリーの疑惑点
ザ・バイナリーの疑わしい点には以下などが挙げられます。
1.出金が不可
何と言っても、一番の疑問点は「出金ができない」ということです。いくら儲けても出金ができなければ、絵に描いた餅です。ユーザーの口コミが全て事実とは言えませんが、あまりにも出金に対するクレームが多すぎます。以下のようなものがあります。
『貯めたお金を出金しようとしても出金できない』
『確認中なのでお待ちください、というメールから音沙汰なし』
『本人確認がとれないから出金処理ができない、から一向に進まない』

2.非正規の金融商品取引業者
株式やFXなどの投資の運用事業を行う場合は、国に対して金融商品取引業の登録をしなければなりません。つまり、金融庁に登録していないバイナリーオプション業者は「もぐり」の業者ということになります。金融庁に登録することで、適正な事業運営と資産管理を望めます。ザ・バイナリーは登録をしていない未登録業者です。

ただし、海外バイナリーオプション業者の多くは日本の金融庁の認可を受けていないのも事実です。それは規制が厳しいため、ユーザーが喜びそうなルールで運営できなくなるからです。実際に、最も評価の高いハイローオーストラリアも未登録業者です。

しかしながら、日本の金融庁の登録は受けていなくても、いずれかの国から金融商品取扱業のライセンスを取得しています。当然、ハイローオーストラリアもライセンスを取得しています。ホームページを見れば分かりますが、会社概要などに必ずライセンス番号が明記されています。

ところが、ザ・バイナリーの公式ホームページには、そのライセンス番号がどこにも見当たりません。ザ・バイナリーは海外でも金融商品取引業の登録を受けていない、非正規の金融商品取引業者と言えます。

3.杜撰なサポート体制
サポート体制において杜撰と思えるのが、問い合わせ方法がメールしかありません。金融商品を扱っている業者で問合わせ方法がメールのみというのはあり得ない話です。通常は他にも、電話やチャット、LINEなどが用意されています。これだけでも信頼性に大きな疑問が付きます。

4.悪質な初回ボーナスキャンペーン
ザ・バイナリーには『初回限定最大100%還元ボーナス』があります。ボーナス価格は入金額に応じて、10000円入金なら20%、50,000円入金なら50%、500,000円以上なら100%の還元という豪華さです。しかし、ボーナス額の15倍の取引をしなければ出金ができません。つまり、出金させないということと同じです。